素顔のイランを知るサイト JAPANIRAN.COM MIXTURE of Islamic History and Modernization - IRAN
観光
 

エスファハーンは、1597年にサファビー朝のアッバース大帝がガズヴィーンから遷都して栄えた街です。大帝が建造したとされる壮麗な寺院や宮殿に囲まれた巨大なエマーム広場が街の中心に位置し、ペルシアのことわざ「エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン・アスト」は「エスファハーンは世界の半分」を意味します。イランの人たちも一度は観光に訪れたいと思う日本の京都のような存在の街です。

Esfahan was prosperous as the capital of Safavid dynasty which Shah Abbas the Great moved from Ghazvin. The huge "Emam Square" surrounded by magnificent mosques and palaces which were constructed according to the plan of Shah Abbas is located at the center of city, and the Persian proverb "Esfahan nesf-e jahan ast" means "Esfahan is half of the world". It's the place where Iranian people are also fond to visit once in their life just like Kyoto for Japanese people.

Emam Square エマーム広場
Kakh-e Ali Ghapu アーリー・ガープー宮殿
Sheikh Lotfollah Mosque シェイフ・ロトフォッラー・モスク
  Chehel Sotun チェヘル・ソトゥーン宮殿
Khajou Bridge ハージュ橋
Si-o-Se Bridge スィー・オ・セ橋
Zayande River ザーヤンデ川
 

Vank Cathedral ヴァーンク教会 
 

 
Sightseeing Top Page

  
  Copyright (c) 2009 Japaniran.com  All rights reserved